すべて 稲見の木彫りの

CraftsMan 1000 は、職人が他の職人と出会い、知識を交換したり、友達を作ったり、イベントを開催したりできるコミュニティWebサイトです。私たちは芸術の専門家に重要な注意を払い、彼らが知識を広げるための道を開きます。 

CraftsMan 1000 は、あらゆるニーズにおいて木彫り業界をサポートしています。いる多くの産業の1つです CraftsMan1000 が稲見の木彫りをサポートして。の稲見町は 富山 県、熟練した木彫りや彫刻家で知られています。 

稲見木彫り稲見

町には120の木彫り工房があります。これらのワークショップは、稲見の中心にある八日町通り沿いにあります。300人以上の木彫りがあり、誰もが稲見木彫りのギルトとして知られる木彫りのスキルと知識に到達するには、10年の木彫りの経験が必要です。 

この店の木彫りは200種類のノミを使用しており、主な木は樟脳、ケヤキ、桐です。これは日本で最も高いと考えられています。井波木彫りは、南砺市(旧井波町)の伝統工芸品です 富山 県。

アーティスト

の稲見木彫りは、洗練された技術が多く、250年の豊かな歴史のおかげです。上で述べたように、経験豊富な職人は、200以上の異なるノミとナイフを使用して作品の両面を彫ります。 

スカシ深堀として知られるこの技法は、芸術家の優れた職人技を増幅させます。たとえば、訪問者がトランサムを見たときを考えてみましょう。アーティストは、木を作るときに訪問者の視点を取ります。 POVは、訪問者が作品をどのように見るかをアーティストが知るのに役立ちます。したがって、特定の寺院や家のその部分によく合う作品を作成します。たとえば、ドラゴンはいつでも解放されるように見えるかもしれません。 

近年、木彫り師が木製のエレキギターやベースを作るのを見てきました。結局のところ、伝統的な作品は、それが重要な作品でない限り、現代の世界にあまり影響を与えないことがあります。これらのアーティストは、ギターにライオンとドラゴンのモチーフを作成し、彼らの作品にはるかに多くの聴衆を提供しています。 

1991年に最大の木彫りイベントが設立されました。しかし、それは競争ではなく、アーティストが他のアーティストと一緒に木を彫り、一緒に成長することを可能にする「キャンプ方法」です。このイベントは南都市で開催され、12カ国から定期的に木彫りを招きます。これにより、木彫りだけでなく、お互いの文化においても意見交換が可能になります。

国内外の外国人が、稲見木彫りを専門とする博物館、稲見木彫り複合館を訪れることができます。現代美術から仏教まで、200点以上の品々が展示されているらんまの傑作を鑑賞することもできます。これらの場所は瑞泉寺から徒歩で行くことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
The Crafts Man 1000 All Right Reserved.