The Crafts Man 1000:セラミックとガラスの芸術

The Crafts Man 1000:陶磁器とガラスの芸術陶磁器とガラス

を作成する慣行は、特に旧石器時代の紀元前28、000年に数千年前にさかのぼります。探検家は、その時代にまでさかのぼると信じられている何百もの粘土の置物も発見しました。陶磁器のより進化したバージョンに関しては、陶器が中国の洞窟に現れたとき、それらは紀元前18、000年から17、000年に使用されていました。そこから、その慣習は日本、そしてより多くの陶磁器の遺物が発見されたロシアに広がったと信じられています。 

一方、ガラス製品の作成の歴史は、天然ガラスが登場し始め、フェニキアの商人がすぐにそれらを使用し始めた紀元前7、000年にまでさかのぼります。西暦前3500年、メソポタミアとエジプトの地域では、ガラス製のシンプルなアイテムや置物の製造に成功し、数百年後、エジプト人はすぐにガラス細工の工場を作り始めました。 

第二次世界大戦への早送り。そこでは、陶磁器とガラスを作る習慣が全世界に広まりました。工業地帯では、ガラスや陶磁器の作品はほとんどどこでも見ることができます。この形式の芸術は、電子工学、機械、宇宙探査、医療、技術目的などのさまざまな分野に大きく貢献しました。今日、セラミックおよびガラス産業は、2023年までに11億ドルの価値があると予想されています。 

Crafts Man 1000は、陶磁器やガラス細工に情熱を注ぐ職人のためのウェブサイトです。このサイトには、閲覧できるプロファイルの広範なページもあり、同じ情熱を持っているあらゆる種類の個性を見ることができます。これらの個人のほとんどは、独自の店舗やビジネスを持っており、同じ興味を共有する新しい人々に会うのが大好きです。このウェブサイトは、工芸品作りのアイデアを促進し、伝統工芸の芸術を忘れないように、古代の伝統を未来の世代に伝えたいと考えています。 

陶磁器とガラスの製造工程陶磁器の製造に

必要な主成分は粘土と水です。あなたはあなたが望む粘土の種類を選択し、それからそれを作る方法を選択する必要があります。次のステップは、それが鍋であろうとカップであろうと置物であろうと、あなたが望む形に粘土を形成し始めることです。その後、釉薬で塗装し、再加熱して形を保ちます。 

一方、ガラス細工を作ることは、このプロセスにより多くの要素が使用されるため、もう少し難しいです。ゼロから始める場合、ガラスは砂で構成されており、液体状態にするには摂氏1700度に加熱する必要があり、その後ガラスに変えることができます。一方、吹きガラスの練習は、独自の芸術作品を作成するもう1つの一般的な方法であり、そのプロセスが魅力的でリラックスできると感じる人もいます。ガラスを柔らかくし、可鍛性にするためには、ガラスを2000度に加熱する必要があります。そこから、ガラスをブローパイプに挿入して、目的の置物を形作ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
The Crafts Man 1000 All Right Reserved.