The Crafts Man 1000:陶器について

The Crafts Man 1000:陶器

について何千年もの間、陶器は社会の不可欠な部分でした。水の貯蔵から物質の輸送まで、人間は日常的にこの媒体に依存してきました。 

この独特の古代の芸術と、それが今日の業界でどのように進化してきたかについてもっと知りたい場合は、Crafts Man1000があなたのためだけに役立つガイドを開発しました!

陶器歴史

の粘土のボウル、バスケット、ポットの作成は、紀元前14、000年にさかのぼるアジアで最初に始まりました。その後、鍋を作るのは簡単なプロセスになり、粘土と熱源だけが必要になりました。この間、中国の陶器の多くは陶器の方法で作られ、900℃近くまで登りながら焚き火で短期間焚き火をしました。数十年後、アフリカと日本は影響を受け、農業目的でそれらを使用しました。

陶器は、ろくろが導入された青銅器時代に有名になりました。効率的なホイールが車軸ベースで回転し、1分あたりのポットを生成します。製錬と冶金の技術の出現は、陶器の範囲と品質に貢献しました。

陶器の種類

陶器は歴史を通して数え切れないほどの革新を遂げてきました。陶芸家がかごの内側に粘土を塗り、外に物を置いて太陽の下で乾かす時代は過ぎ去りました。今日、陶器は、ホイール投げの機械的適応として説明されている「陽気な」技術を使用して作られています。 

自動乾燥後にトンネル窯で焼成されたこのセラミックは、化学物質の酸化後に濃い赤、灰色、黒に変化します。 

これらはあなたが知っておくべき陶器の基本的な種類があります: 

土器

陶器のこのタイプは、粘土と水の混合物で作られています。多くの場合、他の種類の食器よりも安価な陶器は、釉薬をかけて焼成したセラミックです。厚みがあり、重く、素朴な見た目ですが、他の種類の食器ほど耐久性や強度がなく、欠けがちです。

この陶器は多くのキッチンに設置されており、調理、冷凍、提供に最適です。

石器

このタイプの陶器は、液体に耐性があり、無孔であるように高温で焼成される緻密な質感を持っています。他の種類の陶器よりも耐久性があります。それはその石のような性質からその名前を取得します。

磁器

このタイプの陶器は、2つの重要な成分から作られています。

  • カオリンはチャイナクレイとも呼ばれ、磁器に可塑性と構造を与えるケイ酸塩鉱物です。
  • ペトゥンス陶器石としても知られるは、セラミックに半透明性と硬度を与えます。

セラミック

このタイプの陶器は、金属または非金属の化合物でできており、高温で成形および硬化されます。一般に、それらは硬く、耐食性があり、もろいです。

装飾

このタイプの陶器は、歴史を通してギリシャ、アジア、エジプトの文化を芸術的に表現する役割を果たしました。古代には、花瓶は人々の日常生活の描写、神々や女神の物語で知られています。 

スリップ

スリップは、水に溶解した粘土粒子で構成され、粘土片を結合するために使用されます。これにより、陶器を装飾、保護し、それを使用してオブジェクトをキャストすることができます。

彫刻

このタイプの陶器は、破片を取り除いても形を保持するのに十分な固さでありながら、利用可能なツールで部分を削り取るのに十分な柔らかさのあるあらゆる材料に適用できます。

ズグラッフィート

このタイプの陶器は、表面を引っかいて対照的な色の下層を明らかにすることによって作られた装飾の形であり、通常、壁の石膏やスタッコ、または焼成前のセラミックのスリップで行われます。

グレージング

グレージングは​​、アイテムの着色、装飾、防水に使用されます。それは、液体を保持し、素焼きのビスケット陶器の固有の多孔性を密封するのに適した陶器容器を提供します。

陶器を作るための主な技術陶器を作る

芸術は、楽しく、治療的で、リラックスできる体験になり得ます。少し練習すれば、誰でも適切な道具、技術、知識で美しい鉢を作ることができます。

陶器を作るには、主に3つの技法があります。

手造りのピンチポット

この技法は古くから存在しています。これを行うには、粘土をこねて、鍋、皿、ボウル、またはカップに形作る必要があります。  

巻き

それは長いコイルを形成するまでの粘土を使用して、あなたはそれをロールバックします。次に、ある円を別の円の上に配置することにより、さまざまな形状が形成されます。

スラブ

厚くて平らなプレート、または粘土のスライスを使用して、オブジェクトを形成するためにそれを形にカットする必要があります。 

輪投げ陶器

これには、とりわけ、輪を動かし、回転しながら粘土を処理する方法についての適切な知識が必要です。ろくろは、粘土をさまざまな形に成形するために使用されます。ホイール投げに習熟するには時間がかかりますが、習得するとはるかに効率的な方法です。ろくろは、電気で動かすことも、陶芸家が足を蹴ることで手動で動かすこともできます。

必要な主な設備

初心者の方は、陶器を作るためにさまざまな種類の設備に慣れておく必要があります。詳細については、さらにお読みください。

窯窯 

は、釉薬を陶器に焼き付けて焼くための装置です。これは、粘土を永続的な遺物に変えるために絶対に必要な主要な機器です。

水と接触しない小さな部品には必要ありませんが、使用したい部品を作成するには窯が必要です。食器、カップ、花瓶のように。

ろくろ陶器の輪に

投資することは、長期的にはより高度なセラミック片を作るための素晴らしい方法です。これは、丸い陶磁器を形作る(投げることとして知られている)ために使用される機械です。ホイールは、乾燥した陶器から余分な体をトリミングするため、および切り込みのある装飾や色のリングを適用するために使用されます。

ホイールには、電動式と手動式の2種類があります。

  • 小さな電動ホイール は、形状を形成しながらホイールを蹴るのに必要な調整をユーザーが開発する必要がないため、初心者に適しています。これらはまた、粘土を管理するのに役立つより多くのトルクと速度の制御を提供します。 
  • 手動で操作するホイール一方、は、電動ホイールよりもユーザーがより細かく制御できるようにします。これは、陶芸家が足でホイールを蹴る量によってホイール速度を完全に制御できるためです。

陶器モデリングスタンド

この装置はオプションであり、陶器を作る際に手造りの方法を使用することを好む人専用です。この隆起した完全に回転する表面積に粘土のスラブを置くだけで、簡単に成形できます。

初心者のための陶器:使用される主

な道具陶器を作るには機器が重要ですが、想像している陶器を作るには、さまざまな特別な道具も重要です。 

これらのアイテムは、プロセスをより簡単に、より効率的にし、あなたの能力を拡大するのに役立ちます。

スポンジ広い 

これらの用途のツールは、投げるときに水を吸収して分配するのに役立ち、粘土の成形と成形を容易にします。 

ワイヤー 

陶器を作るとき、完成したらホイールから特定の部品を取り除くために細いワイヤーが必要です。ワイヤーは通常ナイロンまたは金属で、両端にユーザーが持つ木製の切り欠きがあります。

リブとスクレーパー

これらのツールを使用することにより、ホイール上に形成されている陶器を形作り、滑らかにするのに役立ちます。それらはまた、コイル状の陶器で使用されるリブアンドハンド技術の間に使用することができます。

陶芸家の針 

これらのツールは長い針のように見え、ホイールのエッジをトリミングしたり、手投げの用途で粘土のスラブをスコアリングしたりするなど、さまざまな目的で使用されます。

フェトリングナイフ 

これらのナイフは、希望の角度と曲線のカットを実現するために使用されます。 

ナイフには2つのタイプがあります。

  • ソフトフェトリングナイフ は、さまざまな形状に簡単に曲げることができます。 
  • ハードフェトリングナイフ はより剛性が高く、クリーンでストレートなカットを行うために一般的に使用されます。

シャモア革 

これらのツールは、鍋の縁を滑らかにしたり、投げられた陶器の端を圧縮したりするのに最適です。

ループ、ワイヤー、リボンツール 

これらのセットは、粘土のスラブをトリミングするとき、特に陶器を手で成形するときに、あなたに多様性を与えます。  

ブラシ 

ブラシは、粘土を成形するときに水を運び、特定の領域に滑り込むのに最適です。また、任意のペイント、下絵付け、上絵付けを適用できます。

投げ棒 

このツールは、陶器の外側をきれいにするだけでなく、ベースにアンダーカットベベルを作成するのに最適です。 

木製のリブ 

これらのツールは、陶器の土台、特に浅いボウルやプレートを滑らかにするために使用されます。

ポッターズキャリパー 

キャリパーは、ワーキングセットの他の部分と接触するポットの内側と外側の寸法を測定するために使用されます。

木製のモデリングツール 

木製のモデリングツールにはさまざまな形状があり、さまざまな手投げの用途に使用されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
The Crafts Man 1000 All Right Reserved.