About

The Crafts Man 1000:伝統工芸の本拠地

ご挨拶! Crafts Man 1000は、職人やその他のアートの専門家に会うことができるWebサイトです。 

陶器と陶磁器

陶磁器作りは、最も古い手作りの形態の1つであり、作品を構成するために使用される独特のスタイルと技法によって区別されます。T日本列島の氏オリジナルの入植者は全世界で陶器や陶磁器を作成するための最初のものであると考えられました。 

陶磁器を作る技術は場所によって異なりました。粘土は陶磁器の主な材料であり、ろくろを使って形を整え、窯で固めました。それは、食器、タイル、置物、その他の彫刻を含む芸術的な陶器を含む形をとることがあります。

テキスタイル

テキスタイルクラフトは、綿、絹、麻などのさまざまな生地を織り、染色する日本の伝統工芸の一種です。 

これは、日本の貴族が衣服やその他の布地を複雑なデザインで装飾する必要があったときに、西暦300年から700年の間に発明されました。

漆器漆器

は、ここ日本で最も有名な伝統工芸品のひとつです。陶磁器と同様に、漆器も家庭用に作られました。それは一般的にボウル、トレイ、コンテナ、儀式用のティーキャディー、ホルダー、彫像の形で作成されます。

漆器を作る技術は、陶器の手工芸が始まったのとほぼ同じ時期の縄文時代にまでさかのぼります。この工芸品を作るとき、木工の芸術と同様に、木と竹の材料が使われます。違いは、木を保存するために漆の木からの樹液を使用することにあります。また、「漆器」という名前の由来でもあります。

金属加工

この伝統的な日本の工芸品は、武将や武士の封建時代に有名になったため、日本文化に大きな影響を与えました。

人形作り

日本の人形作りは縄文時代にさかのぼります。他の工芸品とは異なり、このタイプの芸術は一般的に慣習的な伝統に使用され、草で作られた人形は祝福され、神社で提供されました。

木工

木工は、古代に実践と宗教の両方の目的で使用された伝統的な芸術です。一般的に さまざまな木工技術で作られた道具、バスケット、皿として使用されていました。

製紙

製紙は、ここ日本で最後に開発された伝統工芸品の1つです。この工芸品の起源は非常に単純です。日本のペーパークラフトは、6世紀に僧侶が日本に紙を運んだ後に始まりました。日本の最初のペーパークラフトはこの時期にさかのぼり、紙の価格が高いため、宗教的な儀式の目的でのみ使用されていました。

ペーパークラフトの成果は、他の伝統的な芸術に使用される硬い紙である「ワシ」です。ペーパークラフトの最も顕著な例は、「折り紙」(折り紙の芸術)です。

詳細については、thecraftsman1000love.comのウェブサイトをご覧ください。Crafts Man 1000へようこそ!ここで私たちについてもっと知りましょう。

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
The Crafts Man 1000 All Right Reserved.